Global Navigation

AACoRE > Projects > 人類社会の進化史的基盤研究

杉山祐子 (SUGIYAMA, Yuko)

■所属・ステイタス : 弘前大学・人文学部・教授
■専門分野 : 生態人類学
■対象(フィールド) : アフリカ農耕民、津軽
■おもな著書/論文 :
・ (1996) 杉山祐子 「「離婚したって大丈夫」-ファーム化の進展による生活の変化とベンバ女性の現在-」和田正平編著『アフリカ女性の民族誌』83-114頁 明石書店

・ (2007) Sugiyama, Yuko Agriculturalpolicychange andindigenousagriculture:experience and reevaluation of a shifting cultivation system in Northern Province, Zambia,African Study Monographs Supplementary Issue No.34 the center for African Area Studies, Kyoto University:91-114

・ (2007) 杉山祐子 「『ミオンボ林ならどこへでも』 という信念について─焼畑農耕民ベンバの移動性に関する考察」 河合香吏編 『生きる場の人類学:土地と自然の認識・実践・表象過程』 京都大学学術出版会:239-270

・ (2007) 杉山祐子 「食物の道、お金の道、敬意の道-現金・食物・ミオンボ林ーアフリカ焼畑農耕民における資源と脱資源化のプロセス」 春日直樹編 『貨幣と資源』 弘文堂

・ (2007) 杉山祐子 「アフリカ地域研究における生業とジェンダー」 宇田川妙子・中谷文美編 『ジェンダーで読む人類学』 世界思想社:144-169

・ (2008) 山下祐介、作道信介、杉山祐子編 『津軽、近代化のダイナミズム』 御茶の水書房

■研究のモットー : 感じながら動く・動きながら考える。ものがたる。
■HPアドレス : http://www.hirosaki-u.ac.jp/